トップページ  >  木のはなし  >  木の腹と背中

木のはなし

木の腹と背中

桧の原木を目利きする時、腹に欠点があるかを見ます。

原木の腹(ハラ)とはどこでしょう。

山の頂点に向いた面が、腹(ハラ)です。

反対に里に向いた面が背です。

 

 

実際の写真で見てみると、右側に見えているところは、背になります。

腹は左側の、実際には映り込んでないあたりになります。

 

 

桧原木の腹側は、製材しても節が出にくく、

帯鋸(オビノコ)を深く切り込む事が出来ます。

背側は、節が出やすくアテという硬く縮み狂いやすい性質があります。

 

 

写真は、左上側が腹になります。根株が張った側が山の頂上を向いた面です。

この木は、元の芯が背に寄っていますので腹側の良い部分(取り身)が多いですね。

逆に腹に節のある木は、節のない注文材を製造するのには不向きです。
そういった欠点のない材を仕入れるよう心掛けています。

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!