2020年9月アーカイブ

桧消毒液スタンド

2020年9月29日

社長の藤井です。

 

先日、トーホー社員さんが住む地、白川町、東白川村、下呂市に

 

木製消毒液スタンドを寄付しました。

 

新型コロナウイルスの感染を防ぐのに一役できれば幸いです。

 

 

 

新聞記事です。

 

岐阜県産東濃桧を使っています。

 

 

 

木のぬくもりが伝わりますか?

 

早く新型コロナウイルスが終息するといいですね。

第57回東濃桧展

2020年9月19日

社長の藤井です。

 

9月18日金曜日、東海木材相互市場 大口市場にて、

 

第57回 東濃桧展示即売会が開かれました。

 

 

午前中は、原木(素材)市が立ちました。

 

天候が不順で出材は少なく、昼に原木市は終了しました。

 

 

午後1時からJAS展と東濃桧展が開催されました。

 

トーホーは東濃桧化粧柱(役柱)を出品しました。

 

 

東海木材様で27年続けてきた東濃桧展をこれからも続けられるように、

 

買い方様と売れ筋について話し合うように努めます。

 

桧 消毒液 足踏みスタンド

2020年9月16日

社長の藤井です。

 

15日、晴天の岐阜県庁です。

 

 

考案は白川町出身の柘植哲郎さん、製造は株式会社トーホーの「桧 消毒液 足踏みスタンド」を

 

岐阜県へ寄付しましたところ、林政部から感謝状贈呈式を開いていただきました。

 

 

 

村雲さんに作成してもらった目録を持参しました。

 

 

感謝状と「桧 消毒液 足踏みスタンド」荻巣部長と私の記念写真です。

 

 

すぐに岐阜県庁8階林政部のフロアーには「桧 消毒液 足踏みスタンド」が設置されました。

 

 

県庁2階、インフォメーションの隣にも設置されました。

 

翌日の岐阜新聞の記事です。

 

 

新型コロナウイルスの感染防止に少しでも役に立ちたいですね。

桧マスクケース

2020年9月10日

社長の藤井です。

 

知人より連絡があり、「桧マスクケースを作ったらどうか?」と

 

アドバイスをいただき試作をしました。

 

社員さん、レーザー加工会社さん、デザイナーさん達に力を借り、

 

50個の試作が出来ました。

 

 

袋詰め、中に台紙を入れてあります。

 

 

台紙には、説明があります。

 

 

桧の1.5mmウス板をレーザー加工しています。

 

 

食事の時やマスクを持ち運ぶのに使うそうです。

 

さっそく、アイデアをいただいた知人に試作を送り、感想を聞きました。

 

「コンパクトにできないか?」「表面仕上げ」など改善案をもらいました。

 

女性の声を聞き、改良してさらに良い物をつくります。

ボヤ騒ぎ

2020年9月8日

社長の藤井です。

 

毎朝、私は7時前に出社し、見回りをかねて扉を開けます。

 

その前、すでに大前さんが門を開けてくれます。

 

木材を乾燥する木くずだきボイラーの部屋を開けようとすると、

 

ドアの下から水が流れ出ていました。

 

 

不思議に思い中に入ると、燃え尽きた炭に、ボイラーに接続するタンクのホースが

 

焼け破れ、水が勢いよく吹き出されていました。

 

 

木製の棚に火が入ったのでしょう。

 

 

中島部長と山内君とトシ君が来てくれて、残骸を手早く片付けてくれました。

 

 

外から見ると、トタン壁に炎の跡がはっきり残っています。

 

雨どいは割れています。

 

 

薬注する器具は使えません。

 

 

炎の近くにあったホースが焼け破れたおかげで、全焼は免れました。

 

すぐ榊間石油さんがホースを取り替え配管の点検と、

 

丸豊電工さんが配線の点検をしてくださいました。

 

他にもボイラー点検会社の方、皆さんすぐ来てくださり、

 

10時すぎに復旧できました。

 

幸運でした。

 

今月24日は消防立ち入り検査です。

桧の虹梁

2020年9月7日

 

営業の中島です。

先々月に在庫用に大径材の桧の虹梁の材を挽きました。

長さは20尺(6000)x幅1尺3寸(394)x成1尺8寸(545)のサイズになります。

原木は長さ20尺の太さ2尺近くのものから挽きました。

 

 

背割は意図的に、芯までは入れていません。

社寺建築の工務店様は、材料の強度を追求される方が多い為です。

 

 

早速今月にお引き合いがあり、お客様が虹梁を見ていかれました。

そしてご注文頂きました。 有難う御座います。

今後も大径材を製材して参ります。