2019年2月アーカイブ

展示会にて

2019年2月28日

営業馬場です。

先月のモクコレで国産材の活用方法についていろいろな物を目にしました。

上記は国産の杉を活用した造形物です。

見事ですね。

当社のある岐阜県では「東濃ひのき」ブランドを前面に押し出した

ピーアールを行いました。

当社も「木育」&「東濃ひのき」で「つみますくみます」を展示しておりましたが、

とても好評でした。

来場していただいたお客様大変ありがとうございました。

今後の展開が楽しみです。

 

塔の芯柱

2019年2月26日

 

営業の中島です。

先月山から、ある塔の芯柱になる重要な東濃桧の丸太を切り出して頂きました。

この丸太は特別注文として、山に有る桧から素性の良い物を選んで、「杣さ」に切り出して貰っています。

杣さ(そまさ)とは、解りやすく言えば、きこりの事です。

 

ここ白川町黒川では、名前の最後に親しみを込めて(さ)を付けますので、『そまさ』となる訳です。

 

さて、写真のようにこの丸太は重要な芯柱になる為、傷が付かないように、柱を布で養生して搬出しています。

 

 

曲がりの無い真っすぐな柱を5本用意したので、この中から更にお客様に選んで貰います。

これから、この丸太を使った塔の完成が楽しみです。

 

 

 

国の重要文化財

2019年2月25日

営業の中島です。

先週2月20に岐阜県不破郡垂井町の真善院、本地堂に参拝して参りました。

この建物は国の重要文化材に指定されており、大規模な改修工事がされたばかりです。

この工事に弊社も材料の供給に携わらせて頂きました。

 

上記の写真は改修前の物で、浜縁板はかなり劣化しています。

約370年以上昔に建てられた建物になるようです。

 

 

改修後の写真になります。

ほぼ全てが新しくなっている様に見えます。

 

 

また朱色や緑、青色が細かく描かれており、とても繊細で美しい色彩を放っておりました。

この様な工事に携わらせて頂いた事に感謝致しますと共に、この建物が大切に受け継がれて行く事を祈念致します。

原木市

2019年2月13日

社長の藤井です。

 

地元、東濃ひのき白川市場の2月市です。

 

雪が少なく、山林作業がはかどり原木の出材は、1000㎥近くあります。

 

 

この市は、入札制です。

 

高い札を入れた買い方へ落札されます。

 

 

開市前に加藤理事長から挨拶があります。

 

私は、札へ値を書き込むのが遅く入札市の流れについていけないので、

 

札と下見した値に気持ちがいってしまい全く耳に入りません。

 

加藤さんゴメン。

 

 

桧長さ9m 末口44㎝元落ちです。

 

荷主が売りたい値まで札が入らないので、

 

市場の判断で落札せず残しました。

 

 

元に穴が空いていますが、芯の年輪が細かくて良い木です。

 

 

出荷された原木が、全て売れるのに苦労していますね。

 

高値で安定するのが、山元・加工業者・流通業者・

 

施工業者にとっては良い事でしょう。

 

最終購入者の施主は、桧の無垢材ばなれかもしれません。

春節

2019年2月9日

社長の藤井です。

 

関東のお客様へ訪問しました。

 

この日は、春節で中国人が多くにぎわっています。

 

 

写真では、人が少なく写っているように見えますが、

 

すごい人で歩きづらい。

 

 

関東の天候は荒れると、天気予報でしたので横浜のお客様に挨拶をして

 

早々に西へ向かいました。

 

 

夕暮れの富士山は、雲の中です。

 

弊社のベトナム実習生は、正月のお祝いを母国の家族とスマホで語っています。

 

春節が終わるともうすぐ春ですね。

桧風呂

2019年2月7日

社長の藤井です。

 

昨年末から、桧風呂の入れ替えのお話を頂いていましたが

 

ようやく完成しました。

 

経年劣化で、穴が空いているところもあります。

 

 

解体して外へ出すと、長年水を吸ってすごく重たいです。

 

使われていた樹種は、桧ではなく椹(さわら)とヒバでした。

 

 

解体後、基礎の水平をみながらレンガをモルタルで固定します。

 

 

追い焚きの口に、ゴミが入らないようふさぎます。

 

 

新しい桧浴槽を4人がかりで入れ込み、コーキングでしっかり止めます。

 

 

お施主様と私たちで、湯を入れ完成検査を行いました。

 

 

明日からこの施設で、入浴を楽しんで頂けると思います。

桧で試作

2019年2月6日

社長の藤井です。

 

桧の一升マスをカットして、積み上げて接着し

 

ウレタン塗装した試作です。

 

 

実は、何に使うか決まっていません。

 

 

照明器具に使うか、花瓶を入れ花瓶飾りにするかと

 

いろいろな意見が出ましたが、いまひとつです。

 

桧の格子です。

 

 

何に使うか?アイデア募集します!

破風挽

2019年2月5日

社長の藤井です。

 

神社の破風板の原寸型が送られてきました。

 

 

製材機に丸太を乗せてみると、かなりの曲がりです。

 

 

太いですね。

 

 

1枚目に挑戦すると、節がなく「ホッ」とします。

 

 

元の穴も問題なく、原寸型に入る大きさの破風が挽けました。

 

5人がかりで3時間かかりました。あとは、割らせず乾かします。

 

旧正月

2019年2月4日

社長の藤井です。

 

ベトナムでは、旧暦のお正月を祝います。

 

今年は2月4日が彼達のお正月です。

 

私と妻と孫・刀根君・山内君が食事に招待されました。

 

 

料理は、私が持って行くと伝えても彼達は

 

一生懸命料理をつくってくれます。

 

 

ケーキ・恵方巻・おにぎり・酒・茶を差し入れをしました。

 

 

黄緑色の料理は、ベトナムの正月料理で『バインチュン』と呼ぶそうです。

 

 

もち米と肉で、箸が折れるくらい硬い!

 

中には、お肉が入っています。これだけでお腹がふくれます。

 

ずいぶん手間のかかった料理です。

 

 

フライの衣のような揚げ物や、鶏肉のベトナム正月料理を勧めてくれます。

 

 

彼達は、とても明るく楽しく共同作業で

 

料理を作り、酒を酌み交わします。

 

 

帰宅したら、次は韓国か台湾へ行くとか家を建てるとか

 

将来の話をします。

 

昨年帰国した、実習生リエム君にフェイスタイムで連絡をとると

 

日本語で話す仕事についたとの事で、勤勉で日本語検定を

 

受け続けた成果だと本当にうれしく思います。

 

 

ちょっと内気なミン君は、この10月に帰国します。

 

彼は、「また日本に来る」と言ってくれます。

 

彼達の若いエネルギーに圧倒されました。

節分祭

2019年2月3日

社長の藤井です。

 

今年の節分は、日曜日で各地でかなりの人出でしたね。

 

 

1月の末まで、豆まき用の木桝の追加注文がありました。

 

 

納品した一升マスは、高く積み上げられています。

 

出来栄えの良し悪しに、目がいってしまいます。

 

 

今年も健康でありますよう、声高らかに「福は内」と

 

鬼に豆を投げます。

 

 

小さな子供は、「鬼は外、福は内」の大きな声と

 

太鼓の音にびっくりして、元気に泣き出してしまいました。

 

 

後で豆を食べるのもおいしいですね。

 

立春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

 

車の運転、健康に気を付けて下さい。

カレンダー
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!