2019年3月アーカイブ

特注つみますくみます箱

2019年3月29日

営業馬場です。

お客様より特注のつみますくみます箱を枡組で作成しました。

1箱に48個のつみますくみますが入ります。

結構あってますね。お洒落に感じます。

特注での箱作成も承ってます。

ご希望の方はお電話を。。。

無垢ひのき下駄箱

営業の中島です。

今月、トーホーで製作した東濃桧の無垢下駄箱を大阪の寺院の玄関に納めさせて頂きました。

サイズは間口2500程あります。 間口も高さも奥行もオーダーメイドで、お客様の希望のサイズとしました。

 

桧の清々しい感じが、和風の玄関には良く合いますね。

弊社の加工部の仲間がNC加工機を駆使して、作ってくれました。

精度も良く頑丈に出来ています。

 

お客様にも喜んで頂き、急ぎで作ってくれた加工部の仲間にも感謝です!

無垢階段プレカット

2019年3月28日

営業馬場です。
先日、弊社が納品した桧階段を見学させていただきました。

踏板にはリブ加工を施しております。

大変綺麗に仕上がってました。

桧・杉のプレカット階段随時承ります。

特殊加工も承ります。

近隣工務店の皆様採寸、打合せ等にも伺います。

階段ピーアールでした。

大鳥居

2019年3月23日

営業の中島です。

今月14日に東京都渋谷区にある明治神宮に行ってきました。

当日は天気も良くお昼の11時頃でしたが、大勢の人で賑わっていました。
特に色んな国の外国人観光客の方が目立ちました。

写真の鳥居は御社殿のすぐ南の桧の大鳥居です。

この鳥居はまだ新しいそうです。色もまだ変色していませんでした。

 

続いての鳥居は、原宿駅に近い南側の入り口にある大鳥居です。

この鳥居は、外国の木が使われているようです。

大きさも、御社殿の鳥居よりも大きいです。

やはり太径木は外国の木の方が採れやすいと感じました。
かなり色も変わっていて古い印象です。この鳥居は近々取り換えられるそうです。

 

御社殿に使われている樹種はタイヒだそうです。

タイヒとはタイワンヒノキの事で、
昔は社寺には良く使われていたそうですが、
今では逆に国内では手に入らなくなってきています。

今日はとても立派な建築物を見る事が出来て、満足しました。

これからも少しでも日本の伝統ある建築物に協力出来たらと思います。

歌舞伎

2019年3月17日

社長の藤井です。

 

17日日曜日、中村七之助が、トーホーの3km東にある歌舞伎小屋 東(あずま)座にて公演です。

 

いつの頃からか勘九郎の看板があります。

 

 

昨日からあちこちにノボリが立っています。

 

 

午後のチケットしかとれず、妻と娘にプレゼントしました。

 

東座の外では、スタッフの方が案内してくれます。

 

気温4℃で風が吹く中おつかれ様です。

 

 

なかは、歌舞伎ファンと七之助ファンでいっぱいです。

 

 

過疎の地が少しでも活気付くと良いですね。

地松

2019年3月12日

社長の藤井です。

 

松を切る季節は、9月末から2月いっぱいです。

 

その時期以外の暖かい季節に切られた松を製材製品にすると

 

青黒くカビて変色したり、虫が入ってボロボロになってしまいます。

 

まだ近年の松枯が北へあがっていますので、まだ被害のない東北青森から仕入れます。

 

 

年輪の細かな松は、化粧桁や化粧垂木に挽きます。

 

 

さらに末口の径が60cm近い大径材の松でお寺の虹梁(こうりょう)を

 

製材する必要があります。

 

 

松は、曲がった木が多いためタイコ挽きをして、お寺の桔木(はねぎ)にも使います。

 

 

化粧桁として挽き、屋根のある倉庫内で天然乾燥をします。

 

雨のあたる場所では、腐ってしまいます。

 

 

松の端材で45mm厚の板を挽き、これも天然乾燥をします。

 

側面接着して巾広の松製階段板にしたり、松製窓枠として加工します。

 

 

桧だけでなく、松のお問い合わせもお気軽にください。

稲荷様

2019年3月10日

社長の藤井です。

 

毎年3月の日曜日に、近隣17軒で祭ってある稲荷様のお祭りを行います。

 

平成元年に、愛知県知立市からこの地に帰り、毎年参加しています。

 

旗を変え枯れ葉や枯れ草をかたづけます。

 

お菓子を持ち寄りおそなえします。

 

 

参道を振り返ると鳥居の正面はるか向こう

 

高台から見降ろすと、トーホーの工場が真正面にあります。

 

「商売繁盛」木材をとおしてこの地域、社員さん、仕入先、お客様の幸せを創造出来ると良いなぁと

 

榊をあげました。

 

 

 

芯のある木は強い?

2019年3月7日

私が、就職したころ先輩社員から「芯のある木は強い」と教わりました。
その頃は、数値化されたものもなく経験にもとづく知恵だったのでしょう。

さて、芯のある木、芯の無い木どちらが強いのでしょう?

木の強さは、1硬さ(剛性) 2強さ(強度) 3ねばり強さ 4耐久性
の以上4つに分けられます。
今回は、4の耐久性は、別として考えます。
曲げ強度について考えます。

 

芯持ち材(芯がついている材料)

 

芯去り材(芯の無い材料)

加重して曲げ強度を測定してみました。

森林研究所にて桧の角材を横向きにしてプレスで折れるまで加重をしました。

芯去り材ですと節が長くなるので節から裂けてしまいます。

ただし、4つの材面、ぐるりと節の無い材料なら

かなり強度はあるでしょうが、
高額のためもったいなくて試験はしませんでした。

芯去り材をつくるためには、
芯持ち材をつくる2.5倍以上の径級の原木太さが必要ですので価格も上がってしまいます。

芯持ち材ですと、節が丸く、材面に対して節の面積が少ないため
曲り強度試験で裂けることなくかなりの加重に耐えられます。

節のある物について、曲げ強度だけを考えると、
芯持ち材のほうが曲げには強い数字が出ます。

以上のことから、横からの加重については、
芯が有るか無いかより、
材面の巾に対してどれだけ節の面積があるかで決まるようです。

棚卸し作業

2019年3月1日

営業の天野です。

本日は棚卸しを実施しております。

どちらの会社でもそうかもしれませんが、

トーホーでも毎月棚卸しを実施しております。

 

 

 

材木がたくさんありますが、全てチェックを行います。

作業を進めていると、

「こんないい木があったのか」

と新たな発見があったりします。

 

それによってまたご注文に応じた

良い商品の元になってゆくのですね。

 

弥生3月…

営業の天野です。

3月になりました。

トーホーのある岐阜県白川町黒川地区
秋から春にかけての気温差の激しい季節には
よく霧が発生します。

 

今朝の霧は特に濃い霧が発生しました。
太陽がのぼっても、霧で見ることができないくらいでした。

 

冬の最低気温はマイナスの連続でしたが、
今朝の気温はこれまでよりは暖かく2度くらいありました。

 

寒い日と暖かい日を繰り返しながら、季節は進んでいきますね。

 

 

カレンダー
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!