2019年12月アーカイブ

製材技術者担い手研修

2019年12月24日

社長の藤井です。

 

今年で6回目(6年目)になりました、美濃市にある岐阜県森林研究所で

 

「製材担い手研修」を東濃桧品質管理センター主催で行いました。

 

今年は、13名参加です。

 

静岡の製材機メーカー「ヒロタ」さんが講師です。

 

 

午前は、松永様による電気関係の講義です。

 

製材機は、電気のトラブルがけっこうあります。

 

皆さん一生懸命聞いています。

 

 

午後は、製材研修です。長瀬部長の指導で実際に原木を挽きます。

 

はじめて製材機を使う人もいます。

 

 

トーホーの刀根君もハンドルを握りました。

 

 

はじめての人でも詳しく指導いただける長瀬部長のおかげもあり、

 

直ぐな柱ができました。

 

 

年末忙しいのに講師をしてくださったヒロタ様に感謝です。

 

研修参加企業様の活躍を祈ります。

東濃桧サプライチェーンの構築支援事業

2019年12月18日

営業の中島です。

今月12月16月曜に、弊社㈱トーホーに東濃桧製材工場の視察に県内及び、県外からも含め40名以上の方に訪問して頂きました。

この試みは、岐阜県木材組合連合会の呼びかけにより、東濃桧の活性化を目的に①川上(素材生産・原木市場)⇒②川中(製材・加工)⇒③川下(プレカット・工務店・建築設計士)⇒④その他(領域横断)の業界全体が潤うようにと情報交換も交えて行われました。

当日の全体の工程は、トーホーを視察の後、同じ黒川地域の山での伐採現場を視察、その後東濃桧白川市場、東濃ひのき製品流通センター、白川町林業センターでの情報交換会という流れで、そのトップバッターがトーホーです。

 

弊社の製材部を見て頂いた後は、加工部を見て頂きました。

 

 

加工部では、無垢階段のプレカットや造作加工を見て頂き、桧床暖房のステージを作って、暖かさを実際に体験して頂きました。

今のシーズンは床暖は旬ですね。

 

床暖房は沢山の方に体験して頂きました。

これからに繋がると良いです。

このサプライチェーンの構築支援事業・情報交換会により、東濃桧の活性化に繋がっていくようにこれからも努めてまいります。

 

ウッドコレクション2019

2019年12月16日

営業の中島です。

またまた、12月9・10・11と東京ビッグサイトにやってきました。

先月に続き、今月もイベントでウッドコレクション2019に出展しました。

今回はつみマスくみマスというおもちゃに特化して展示を行いました。

平日と言う事もあり子供達の訪問は少なかったですが、全体のお客様は多く賑わっていました。

岐阜県ブースからは、14メーカー・団体が出展しており、全国的に見ても力が入った展示になっていました。

中でも付知町の早川木材さんからは、桧風呂の技術を活かして作ったドラムが出展されています。

全国に20台以上出ているそうです。すごいですね。

 

加子母森林組合さんからは、東濃桧のキッチンが展示されていました。

これもまた、美しいですね。

LDKの床も桧の無垢材を使いたくなりますね。

 

11日の午後2時からは、岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアムの中通さんからプレゼンテーションがありました。

今回の各岐阜県ブースの紹介をして頂きました。

これからももっと東濃桧の良さ・素晴らしさが末端の消費者・お客様に広がって行く事を願います。

冬季休暇のお知らせ

2019年12月5日