トーホーブログ

実習生試験

2021年6月19日

社長の藤井です。

 

ベトナム人実習生は、来日して3年が過ぎる頃、3号実習生になるための試験があります。

 

5月の終わりごろから、試験のため仕事が終わってから熱心に練習しています。

 

 

今はあまり使わないノミ、カンナ、ケビキ、手ノコを使い、試験課題を作ります。

 

この日は道具の管理が悪いので、きれいに並べるように注意しました。

 

 

日に日に美しく桧を加工して、出来栄えが良くなってきました。

 

 

試験当日、朝6時半 会社から最寄のJR駅まで送りました。

 

心配していましたが、夕方 3名全員合格の連絡がありました。

NCでの特注加工依頼

2021年6月18日

 

営業の中島です。

先日、お客様からアーチになる材料をNCルーターにて加工して欲しいとの依頼がありました。

よくお話を聞くと、愛知県のショッピングモールの催事場に展示するディスプレイに使うようです。

 

桧合板の24ミリ厚の1枚からアーチ天井の骨組みになる部材を4パーツ切り出します。

それを合計12枚作りました。 かまぼこ型の天井に作るようです。

 

 

加工部の安藤君がNCのプログラムの作成と加工とやってくれました。

仕上りも綺麗でバッチリです。

 

アーチの部材を手加工で切り出す事も可能でしょうが、同じサイズの物を複数作る事はとても大変と思います。

 

NCルーターを使う事により均一な物が精度良く作る事が可能になります。

 

桧合板ですので、仕上りも美しいですね。

この部材で出来上がった展示物の姿を見てみたいですね。

朴葉市

2021年6月16日

社長の藤井です。

 

先週、地元 東農桧白川市場で「朴葉記念市」が開かれました。

 

この地域では、朴葉寿司がこの時期の名物です。

 

 

気温が高くなり、さらに農繫期ですが、桧丸太の出材は多く下見に時間がかかります。

 

 

理事長から開市の挨拶で、

 

「ウッドショックで桧の引き合いは多いので皆様に応えるようにします。」

 

 

原木相場が上がっています。

 

特に桧の並材の上昇が著しいですね。

スロープ台の注文

2021年6月15日

 

営業の中島です。

少し前に愛知県の企業様から、工場内に設置する強度のあるスロープを作って欲しいとの相談がありました。

弊社のホームページに掲載している合板から加工したスロープを見かけて、今回のご注文を頂きました。

 

お話を聞きますと、スロープの上をリフトか何か重量のある物が通るそうで、強度が重視されます。

この合板は建築物の床に使われる剛床という物で、強度も問題ありません。

1枚の合板の厚みは24ミリまたは28ミリですが、その合板を積層接着し100ミリの厚みにし、それを斜めに製材機で勾配カットし、仕上げます。

 

製作するにあたり、精度を出すことが難しかったですが、納品後お客様に確認すると、問題無く喜んで頂きました。

これからもお客様のご要望に応えられるよう努めて参ります。

トイレのリフォーム

2021年6月8日

 

営業の中島です。

会社のトイレが綺麗になりました。

老朽化していた為、今回リフォームしました。 木質の材料はすべて、弊社の工場にて製作しています。

壁に使っている板はすべて桧です。

一見普通の桧の羽目板に見えますが、実は一ひねりも二ひねりもしていまして、床暖房にも対応する3層構造のフローリングを使いました。

この板を使うメリットは、床暖房にも使えるほど、反り・歪みの無いので材の変形が非常に少ない事です。

厚みも15ミリと厚い為、とても丈夫です。

 

定番メニューのトイレ収納ボックスも、通常ラインナップには無いオリジナルの組子の扉をおごりました。

扉のバックのカラーも白川茶をイメージしたグリーンにしています。

 

水を流すプッシュボタンからコードが出ていますが、この地域ならではの凍結防止の熱源用の電源です。

冬場の時にはマイナス15度になります。

綺麗な環境で働ける事に感謝です。

木曽の原木を下見

2021年6月6日

社長の藤井です。

 

日曜日にゆっくり木曽地区 桧原木の公売物件を見に行きました。

 

門は閉まっています。

 

 

公売物件は、少ないですね。

 

 

 

目的の桧丸太は、キズ木が多く、歩留まりは悪そうです。

 

 

次に焼笹土場へ向かいます。

 

出材が少なくて空いています。

 

これだと来月も公売物件は少ないでしょう。

 

 

地元 岐阜だと鳥やセミの鳴く音がしますが、この木曽谷赤沢美林付近では、

 

沢を流れる水の音だけがします。

 

 

入札する物件は少なく早く終わりました。

 

国道19号を少し北上して、奈良井から権兵衛トンネルを抜けて

 

伊那谷で遅い昼食を取りました。

 

消防検査

2021年6月5日

社長の藤井です。

 

実習生の社宅として使用している家の、消防署の立入検査がありました。

 

加茂東消防署から2名の署員がみえて、1時間ほどご指導と検査がありました。

 

 

10型の消火器3台設置と表示は合格です。

 

 

火災報知器は、壁面から天井に付け替えるように指導されました。

 

 

天井に取り付けてある火災報知器はOKです。

 

 

窓のガラス厚みを計測して、最後に社宅の平面図、四方向からの立面図と

 

近隣も含めた地図を提出して完了しました。

 

ベトナムからの実習生が安心して住めるように配慮します。

 

雨の市

2021年6月4日

社長の藤井です。

 

今週は、雨の日が多くて山仕事は出来なかったと思います。

 

原木の出材は少なく、買い方も少ない市でした。

 

さらにこの日は嵐のように風が強くて、傘が飛ばされるくらいでした。

 

 

「木は見て買え」という先人の教えどうり市に立ち会います。

6月はじめの原木仕入

2021年6月2日

社長の藤井です。

 

地元市場に頼んでいた桧丸太を仕入れに行きました。

 

原木土場に並べていただきました。

 

蒸し暑い中、ホコリがひどいので長そで長ズボン姿で検尺してくれます。

 

 

気温が上がり桧丸太の劣化が早くなるので、仕入れてから早く半製品にしたいですね。

 

 

いつも無理を言って弊社からの原木注文を聞いてくれている、大切な仕入先様です。

桧風呂入れ替え

2021年6月1日

社長の藤井です。

 

デイサービスの施設を管理する会社様より、桧風呂の入れ替え工事の依頼を受けました。

 

築15年で色が変わっています。

 

 

水もれがひどくて、かなり修繕してありました。

 

 

浴槽を除くとベースはしっかりしています。

 

水コウバイも取りやすくなっています。

 

 

排水に少し工夫を加工パイプで排水を落として底板が湿気で劣化しないようにしました。

 

 

新しい浴槽を収めて、コーキングしました。

 

 

 

桧の香りが気持ちよく、入浴が楽しくなりそうです。

 

工場でかなり作りこんできたので、工事は早く終わりました。