トーホーブログ

桧の小物入れ

2022年8月5日

営業事務の村雲です。

 

先日、HPに掲載している小物入れのお問い合わせをいただきました。

トーホーの中では少しマイナーな商品かと思いますので、この機会にご紹介します。

 

 

マス組みされたボックスが3つと、フタ1つのセット販売です。

 

持ち手を含んだ全体の高さは97mmと、小ぶりでかわいいサイズ感です。

タテヨコ共に80mmなので、机の隅にちょこんと置いておけますね。

 

 

ボックスの内寸は、タテヨコ共に64mm、深さ16mmです。

フタと各ボックスの底面にはスタッキング用の凸があるので、簡単に積み重ねできます。

 

また、フタの持ち手をフタの木目に対して垂直にすることで、反り防止をしています。

 

 

試しに、付箋とハンコを入れてみました。

 

付箋は50mm角のサイズで、少し余裕がありますね。

大きさによってはダイカット付箋なんかも入るかと思います。

 

ハンコは斜めにしてピッタリ入りました。

このハンコは径が太く、フタを閉めることはできませんでした。

これより身の細いハンコならフタも閉められてちょうどいい置き場所になるかと思います。

 

 

ここでは小物入れとしてのご紹介をしましたが、

下記の商品ページではコースターとしての使用例もありますよ。

 

商品ページはこちら→https://www.tohowood.co.jp/newproduct/3989.html

 

気軽に木のぬくもりに触れられる商品です。

一般ユーザーの方も大歓迎ですので、ぜひお問い合わせください。

 

2度目の技能実習

2022年7月30日

営業事務の村雲です。

 

4年ほど前まで実習生として来ていたマオ君が、

ふたたびトーホーで2年間、仕事をすることになりました。

 

この数年間で日本語を忘れてしまったという話を聞いていましたが、

27日に挨拶をしに事務所へ来てくれた際、普通に日本語を理解して

会話もできていました。

 

 

マオ君が以前トーホーにいた頃は、最長実習期間が3年間とされていたため

実習期間を終えて帰国していましたが、トーホーから打診したところ

ぜひ来たいということで、一緒に働いてくれることになりました。

 

以前も活躍していたマス部にて頑張っています。

 

 

実習生は帰国して日本へ戻るたび、ベトナムのお土産を買ってきてくれます。

今回マオ君にはこんなお菓子をもらいました。

ワッフルでしょうか、美味しそうです。

 

また日本で楽しい2年間を過ごしてもらえたらと思います。

 

桧バレルサウナのデモ品を作りました 

 

営業の中島です。

この写真の物は、桧のバレルサウナを多くの人に体験して貰えるように、トラックに載せて現地まで運べるようにとデモンストレーション用に作りました。

 

 

実は今までも、デモンストレーション用のバレルサウナは有りましたが、今回の物はバレルサウナ本体の長さを2000mmとし(今までは1800mm)室内が広くなっています。

マイナーチェンジって感じですね。

 

 

特に弊社のバレルサウナは品質と精度には拘っていますので、是非見て頂きたいです。

機会があれば、イベントなどで見て頂けると思います。よろしくお願いいたします。

 

 

養蜂箱

2022年7月29日

社長の藤井です。

 

今月はじめ、自宅に新和建設様の会長が養蜂箱を置かれました。

 

 

近場にたくさん置くと、病気が発生した時に全滅してしまうため、

 

2km以上離れた場所に養蜂箱を置いたそうです。

 

2週間毎に掃除にみえます。

 

 

花粉を運んでいます。

 

材料はトーホーで納めました。

 

杉丸太を挽き、1年近く露天で乾燥しました。

 

毎年、会長からおいしい日本みつばちのはちみつを頂いています。

 

薪ストーブ入荷しました!

2022年7月27日

 

営業の中島です。

在庫用の薪ストーブが入荷してきました。

この薪ストーブはバレルサウナ専用品の物です。 受注生産品ですので納期がかかります。

よく考えて作られてあります。 例えば、鉄製の為とても重いのですが、主要パーツは分割されてあるので、持ち運びが容易に出来ます。

 

 

分割のパーツ内容は上から、網・ストーブのボックス・扉・脚・プレートになります。

これだけ分割出来るので、バレルサウナの中に運ぶ事も容易に行えます。

 

 

入口の開口の制限があるので、薪ストーブはコンパクト設計が要求されますね。

桧バレルサウナを是非、体験して下さい。

 

美濃白川ゴルフ俱楽部 桧バレルサウナハウス完成

2022年7月25日

営業の中島です。

美濃白川ゴルフ俱楽部さんの桧バレルサウナハウスがこの度、完成しました。

 

 

外からの目隠しの為の桧の壁板が3方、貼られました。

 

中も脱衣スペースの所のパーテーションも取り付けました。

 

 

室内からの眺めも上々ですね。

 

 

バレルサウナの中も小物を取り付け完成しました。

 

 

照明とサウナのコントロールパネルも付いてます。

沢山の人に体感して貰いたいですね。

バレルサウナの薪ストーブガラス

2022年7月23日

 

営業の中島です。

5月に納品させて頂いたお客様のバレルサウナの薪ストーブのガラスが割れてしまったと言う連絡を貰いました。

お話を伺うとストーブの薪に火を着け、しばらくすると割れてしまったとの事です。

このガラスは耐熱ガラスで、700°Cまで上がった状態で水がかかっても割れない仕様との事でしたが、原因が良く解らないので、とりあえずガラス交換します。

 

 

まずストーブの扉を外して、床に置きます。

そして、ゆっくりとステンレスのなべビスを4本緩めてガラスを外します。

新品のガラスを用意し、ガラス繊維を編んだ紐状の(ガラスヤーン)を整えて、ゆっくりガラスを置きます。

ステンレスのなべビスを4本を締めて行くのですが、締めすぎは禁物です。

ガラスを指の力で押さえて、ガラスヤーンが潰れている程度でビスの締め付けはストップします。

 

あとは手寧に扉を薪ストーブにの丁番に嵌めて完了です。

 

これでまた、桧バレルサウナを楽しんで頂けます!

看板見積り

2022年7月22日

社長の藤井です。

 

朝5時に家を出て、白川郷からさらに山を登り、

 

見積物件の「看板」のある場所へ向かいます。

 

トーホーから140km、2時間半 車を走らせます。

 

 

高さ3m 巾2.5mの大きい木製看板です。

 

かなり劣化してボロボロです。

 

 

 

この山から切った間伐材でつくられた看板です。

 

同じように間伐材で更新する見積り依頼です。

 

早々に出来上がりと土台など採寸して、白山白川郷ホワイトロードを登ります。

 

 

山道の急カーブを行くと、霧が出て風景が見えなくなってきました。

 

早朝のせいか、一台の車もすれ違いません。

 

急に暗くなり、今にも降りそうです。

 

道の上は切り立った崖です。

 

 

道の下を見ると、谷底まで100m以上もあります。

 

この後雨で前が見えなくなるほどの土砂降りでした。

 

山の天気は変わりやすいって本当ですね。

 

 

消毒液スタンドのトレー

2022年7月20日

営業事務の村雲です。

 

今回は、「桧 消毒液スタンド」のトレーについてのお話(お知らせ)です。

 

 

販売開始当初から、上の写真のようなステンレス製トレーを同梱していましたが、

コロナ禍や世界情勢の混乱の影響により、トレーの入手が出来ない状況が続いています。

 

そこで、ステンレス製が終了しだい、プラスチック製に順次切り替えていく予定です。

 

 

ステンレス製より一回り小さくなりますが、その分ひっかけて落としてしまうことも

少なくなるかと思います。

 

ステンレス製トレーは在庫限り(7/20時点で20枚あるかないか)ですので、

ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

 

地元原木市

社長の藤井です。

 

20日、東濃ヒノキ白川市場で市がありました。

 

 

入札明細を見ると、30分ぐらいで市が終わるくらいしかありませんが、

 

加藤理事長のあいさつでは「1200㎥の出材」とありました。

 

システム販売でほとんど市前に売りさばいています。

 

 

雨続きで山林作業が進まないため、どこも原木の出材は少なくなりました。