トップページ  >  トーホーブログ  >  樅丸太

トーホーブログ

樅丸太

2019年2月2日

社長の藤井です。

 

樅は、冬に扱う樹種です。

 

冬に切り倒し、寒いうちに半製品まで加工しないと

 

変色・割れ・カビなど劣化して、歩留まりが悪くなります。

 

先人は、木の特性を活かした使い方をしています。

 

まず湿気に弱く腐りやすいため、棺に使われました。

 

現在は、火葬のため樅の必要はありません。

 

次に化粧箱です。乾くと無臭なので、高級なそうめん箱や菓子箱

 

そして油脂が少ないので、墨字が滲まず高級陶器の箱に使われます。

 

あと白木で墨字が美しく書くことが出来るので、お札や塔婆や絵馬に使われます。

 

乾くと硬くなるため、住宅の2階和室の畳をしく下の板に使用されます。

 

柾目で使用されることが多いので、太径木が好まれます。

 

近年は、切りつくされて地元の樅は少なくなりました。

 

先月、下呂の市にて樅が出材されました。

 

 

飛騨地方で切られた樅です。

 

 

年輪巾があるので、節がでそうですが太いところを入手しました。

 

 

市場の若い社員さんに、ウラジ口樅と本樅の見分け方を

 

教えて欲しいと頼まれました。

 

これはまた、次回のお楽しみにして下さい。

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!