トップページ  >  木のはなし  >  アテについて

木のはなし

アテについて

今回は、アテについてです。

桧の原木の切り口の写真です。数字付近の濃い色のところが「アテ」です。

製品にすると硬くて重く捻じれや反りなど、狂いやすく腐りにくい特性があります。
針葉樹の場合「アテ」は縮み逆に広葉樹の「アテ」は、伸びます。

桧・杉など針葉樹は、←の背の部分に「アテ」があります。

広葉樹については、反対に腹側にアテがあります。

急傾斜地に生えている木で、特に写真のように曲り木に「アテ」があります。

硬い「アテ」の部分で幹を守るのでしょう。

「アテ」の強い木は、住宅材料としてあまり好まれません。

唯一「アテ」が好まれるのは、写真のようなロクロ加工製品です。
最終研磨が綺麗に仕上げられます。

森の恵み木材をその特性を理解して使い切りたいですね。

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!