トップページ  >  トーホーブログ  >  東濃桧採種園

トーホーブログ

東濃桧採種園

2017年3月23日

社長の藤井です。

 

昭和59年東濃桧をブランド化するため、桧採種園が提言され

 

平成元年から建設されました。

 

 

地元桧の精英樹苗96クローンを集め、植栽されています。

 

10haの広さの採種園を女性3名と、男性2名で管理してみえます。

 

 

樹形誘導とよび高さ4mで、幹を切り風が入りやすく植栽されています。

 

たくさんの実が有りますが、種は今の時期はありません。

 

 

20年生から30年生の桧が、最も多く実を付けるそうです。

 

昨年、秋に採れたいっぱいの実です。

 

 

実から小さな桧種がとれます。

 

この種を育種会社に販売して、苗に育てていきます。

 

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!