トップページ  >  トーホーブログ  >  東濃桧とJASとサプライチェーン

トーホーブログ

東濃桧とJASとサプライチェーン

2019年9月13日

社長の藤井です。

 

9月12日は、1日中ぎふ森林文化センターで会議でした。

 

朝11時より私が理事長を務める東濃桧品質管理センターの

 

令和元年全員協議会を開きました。

 

これからの活動を協議しました。

 

「東濃桧ブランド」が続くように活動します。

 

昼食を取りながらの打ち合わせです。

 

 

 

第2ラウンドは、「JAS構造材利用拡大事業」です。

 

午後1時から3時までの説明会です。

 

JAS製品の利用を増すことがテーマですが、非住宅の建築物件に

 

助成されるそうです。

 

全前の机には講師の空席が有り、受講者も20名もいません。

 

 

 

第2部終了後、岐阜県木材協同組合連合会副会長は、慌ただしく動きはじめます。

 

 

岐阜県は、製材工場が220工場あります。

 

全国1位。

 

JAS工場は29工場でこれも全国1位だそうです。

 

 

 

第3部 午後3時から5時まで木材のサプライチェーンの講演です。

 

 

会議から出て電話が長引き、ぎりぎりに入室したら、何と満席で一番後でした。

 

最後に最近の製材業について突然意見を求められ、

 

「製材業は、厳しい!」

 

としか言えませんでした。

 

 

サプライチェーンのなかで製材業の立ち位置は?

 

これからの私の仕事かもしれません。

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!