トップページ  >  トーホーブログ  >  地松

トーホーブログ

地松

2019年3月12日

社長の藤井です。

 

松を切る季節は、9月末から2月いっぱいです。

 

その時期以外の暖かい季節に切られた松を製材製品にすると

 

青黒くカビて変色したり、虫が入ってボロボロになってしまいます。

 

まだ近年の松枯が北へあがっていますので、まだ被害のない東北青森から仕入れます。

 

 

年輪の細かな松は、化粧桁や化粧垂木に挽きます。

 

 

さらに末口の径が60cm近い大径材の松でお寺の虹梁(こうりょう)を

 

製材する必要があります。

 

 

松は、曲がった木が多いためタイコ挽きをして、お寺の桔木(はねぎ)にも使います。

 

 

化粧桁として挽き、屋根のある倉庫内で天然乾燥をします。

 

雨のあたる場所では、腐ってしまいます。

 

 

松の端材で45mm厚の板を挽き、これも天然乾燥をします。

 

側面接着して巾広の松製階段板にしたり、松製窓枠として加工します。

 

 

桧だけでなく、松のお問い合わせもお気軽にください。

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!