トップページ  >  トーホーブログ  >  木造の橋

トーホーブログ

木造の橋

2017年7月5日

社長の藤井です。

 

修学旅行で訪れたことがある、山口県岩国市の錦帯橋です。

 

学生時代の友人夫妻に案内してもらいました。

 

 

年間70万人の人が訪れる観光名所です。

 

1673年に当時の領主 吉川(キッカワ)家により、建造され時代の流れを見守っています。

 

今の橋は平成16年に改修されたもので、木曽桧、青森ヒバ、赤松、欅、栗など

 

日本各地から良材が集められたそうです。

 

 

長さは195m、美しいアーチに目が奪われます。

 

下から、見上げると技術の高さが分かります。

 

 

 

クレーンなど、重量物を運ぶ機械も無い頃、人力で造られたのです。

 

江戸時代末期、大河ドラマで有名な篤姫は、

 

島津(鹿児島)から徳川(江戸)へ嫁ぐ際、名勝錦帯橋を渡るため

 

遠回りをして江戸へ向かったそうです。

 

次の改修は、平成33年とのことです。

 

現在、木造で大型建造物が建てられるように、試されています。

 

木造の橋も良いですね。

カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!