トップページ  >  トーホーブログ  >  港にて

トーホーブログ

港にて

2017年4月24日

営業の日下です。

今回は港での仕事レポートです。

まずは名古屋港の貯木場にて購入予定の米ヒバ(カナダ産)の検品です。

お寺様の梁などに使用される材料で必要な長さ、太さサイズが丸太状態であるか確認したり、欠陥がないかの確認をしました。実際に近くで見るため、丸太筏の上に乗っての確認作業です。

次はスプルス(アラスカ産)の検品です。お客様より神仏具用に使うスプルスが欲しいという依頼がありましたので、案内する前におすすめ品を確認してみました。ポイントは節が少ないことや、ねじれがないことで、特に今回は目が細かいことが重要でしたので、小口から年輪の間が狭いものピックアップしました。おかげで無事先週ご注文いただきました。

次ははじめて仕事で訪問した東京湾です。

お寺様用の屋根材で幅が広くて長いものが名古屋にはなかったため、東京まで検品に行ってきました。破風(はふ)という部材で屋根の切り妻の合掌形の板ですが、お寺の場合はたるみ(そり)があるため幅が必要で今回は85㎝以上の幅が必要でした。実際に採寸したり、割れがないかを確認しました。

材料を確認した場所は木材市場の多い新木場の近くでしたが、埋め立て地の多い東京湾でも一番海側でしたので東京の高層ビル街が遠くに見えました。地下鉄の中古車両がたくさんありましたが東南アジアに輸出されるそうです。

普段は東濃ひのきの産地ですから見渡す限り桧の山の中にいますので、違った景色を楽しめた仕事でもありました。

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!