トップページ  >  トーホーブログ  >  5月原木市

トーホーブログ

5月原木市

2015年5月16日

 

社長の藤井です。

 

5月15日、東海木材大口市場で半月ぶりに原木市が開かれました。

 

ゴールデンウィークで市が開催されず、日数があったため、桧原木の出材は多く、買い方(お客)もいつもの市日より多く駐車場も一杯です。

 

5月原木市1

 

 

日差しが強く夏日です。

 

木々は根から水を吸い上げ、樹皮がめくれやすくなってきました。写真手前の桧丸太は皮がめくれています。

 

5月原木市2

 

 

 

 

 

 

 

樹皮のない桧原木に初夏の強い日差しがあたり、表面の水分が蒸発して、ひわれ(クラック)が入り、桧丸太からつくる製品の歩留りが悪くなります。

 

 

5月原木市3

 

 

樹皮はとても保水力が高く、少しでも樹皮がついていると、桧製品の乾きが悪くなります。

 

良い桧製品を作るためには、原木のときは樹皮がついていて保護されている、製品にしたら全て樹皮をむくということが大事です。

これからは、だんだんと暑くなり、とても気を使う季節となってきます。

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!