トップページ  >  木のはなし  >  東濃桧採種園

木のはなし

東濃桧採種園

昨日3月7日、東濃桧品質管理センターの会員15名で「東濃桧採種園」を訪問しました。

場所は、中津川市福岡町字田尻で海抜500mの斜面に約10haの敷地です。
全国でも種からこだわる地域産木材は、ここだけです。

東濃桧精英樹100個体を選抜して母樹を育林しました。

昨年、地元白川町で精英樹37番が切り倒されました。
樹齢150年で太く素晴らしく良い木でした。

さて、作業効率のため樹高を4mにおさえて採種します。

遠野さんより接ぎ木とさし木について説明を受けます。
ここの母樹(採種する木)は接ぎ木が多いそうです。

とれた種は、この棚でクローンNo.を付けて乾燥させます。5年間保存できるそうです。

良質の東濃桧を育てるためしっかり管理されています。

私達、製材業者の飯のたねを支えてくれています。

東濃桧を物語として語れる会員企業が、少しでも多くなることを望みます。

忙しい中、丁寧に案内してくれた成瀬様、遠野様に感謝します。

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!