トップページ  >  トーホーブログ  >  製材技術者担い手研修

トーホーブログ

製材技術者担い手研修

2017年12月11日

社長の藤井です。

 

今年3回目の、製材技術者担い手研修を開きました。

 

今回は、「木材乾燥」です。講師は、岐阜県森林研究所の土肥研究員です。

 

私が理事長を勤める東濃桧品質管理センターで、次世代の製材パーソンを

 

育成するために3年前から、製材機メーカーさん・木工機メーカーさん

 

森林アカデミーの教授などなど、皆様の協力のおかげで続けています。

 

 

特に、天然乾燥について勉強します。

 

 

日頃は、ライバル会社もあるでしょうが、この時は机を並べて土肥講師より

 

桧の乾燥について静かに聴きます。

 

高額な乾燥室で重油を使い、杉や桧を乾かすのと

 

天日で経費をかけず、時間をかけて木材乾燥する方法と、

 

(自然)天然乾燥と人工乾燥の折中の場合を比較しました。

 

 

前列の馬場君と安藤君は、ちょっとお疲れのようです。

 

 

次回は、1月末に製材機メーカーのヒロタさんによる製材です。

 

桧の丸太を製材します。2月には、中津川市にある東濃桧採種園を見学します。

 

技術と知識を習得して、次の世代につなげて欲しいですね。

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!