トップページ  >  トーホーブログ  >  「木の日」の要望

トーホーブログ

「木の日」の要望

2017年11月2日

社長の藤井です。

 

紅葉のはじまる10月末、岐阜県庁へ行きました。

 

白い垂れ幕は、見えないように白い布で隠してありますが、

 

杉原千敏世界記憶遺産と記してあります。

 

 

例年十月八日、十と八を合わせて「木の日」と言うことで、

 

古田知事から議長・部長へと岐阜県庁中まわります。

 

その内容は、「多く地元岐阜の木を使って頂きたい。」というようなことをお願いします。

 

今年は、都合で26日にのびました。

 

 

木の国・ぎふの半被が、この日のユニホームです。

 

 

岐阜県木材連合会会長の丸山氏から、古田知事に要望書が渡されます。

 

「オリンピック・パラリンピックに木材を使用して欲しい。

 

県庁新庁舎に地元の木材を使って欲しい。」などなどをお願いします。

 

 

テーブルに着き、中部森林管理局・素材生産・育林・チップ・製材・建築など

 

各組合より要望が知事に伝えられます。

 

 

続いて林政部への要望です。日頃お世話になっている部長です。

 

森林面積80%の白川町にとって、森林資源は宝です。

 

官民ひとつとなり、森と共に栄える森と共棲できる社会にしたいですね。

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!