トップページ  >  トーホーブログ  >  木屑だきボイラー修理

トーホーブログ

木屑だきボイラー修理

2017年1月4日

社長の藤井です。

 

トーホーは、木材を乾かすための熱と蒸気は、

 

木屑だきボイラーで賄っています。

 

 

16年前に更新して、毎日のように工場内から発生する

 

木屑を燃やし続けた結果、炉内の耐熱レンガはかなり

 

崩れ落ちてしまいました。

 

 

ですから、正月休みに修繕することにしました。

 

見積り費用は、150万円です。

 

 

昨年12月25日に、耐火レンガなど資材が搬入されます。

 

炉内での古いレンガをはつります。

 

新しいレンガ積みは、大変な作業ですね。

 

 

繁忙期のトーホーは27日の仕事納めまで、木屑はでるので

 

仮の配管で引き出しフレコンバックに詰め込みます。

 

 

大晦日に焚口内部アーチが、きれいに積み上がりました。

 

老朽化が進み傷みも出ますが、大切に少しでも長く活躍してもらいます。

 

 

森の恵み購入した木材は、全て使います。

 

1月4日の試験焚きを無事終え、調子良く焚き温度が上がっています。

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!