トップページ  >  トーホーブログ  >  神社木の伐採

トーホーブログ

神社木の伐採

2015年4月4日

 

近所にあるお宮の桧と杉の社木を伐採することになりました。

 

根株の腐れがひどく倒れる危険があるということで地元で協議したところ、ようやくこの3月27日、学校が春休みのうちに通行止めにして行いました。

 

快晴の中、電線カバーや通行止め等、安全を確認して高所作業車で枝を落し始めました。

 

神社木1

 

 

上から切りレッカーで吊り、ひとつづつ降ろします。

神社木2神社木3

 

 

 

 

 

 

 

やがて元株のみとなりました。

切り株を見ると芯は腐り、穴になっていました。

もう寿命でしたね。

 

神社木4

 

 

この地域を200年近く見守ってくれました。

夕方には杉の太径木が2本、神殿を守るように立っています。

神社木5

 

 

若幡神社は約350年前、この地が大雨で荒れてしまったのを鎮めるために祭られたのが始まりと伝えられています。

これからもこの地域の安全を祈ります。

カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!