トップページ  >  トーホーブログ  >  ひのき無垢の木箱

トーホーブログ

ひのき無垢の木箱

2014年12月22日

IMG_0650

 

営業の中島です。

 

今回は、東濃ひのきの無垢木箱を作りました。 この木箱は新印籠蓋と言う納まりになります。

 

蓋と箱の接する部分がお互いに凸凹のようになっていて、キッチリはまる形です。

 

印籠蓋・新印籠蓋などの箱は高級な物を入れるときなどによく使われます。

 

これは試作品ですので、まだ細部の納まりなどに改良が必要ですが、ひとまず完成という形にな

 

りました。 改良するところは蓋の厚みを少し薄くするのと、蓋と箱のガタを無くすため凸凹の

 

クリアランスを狭めるところです。

IMG_0653

 

なぜせっかくの厚い蓋の厚みをわざわざ薄くする必要があるのかと言うと、無垢の蓋はどうして

 

も反りが発生してしまいますが、厚過ぎると反りのチカラも強くなり蓋の側板もつられて反って

 

しまいます。 蓋を薄くする事によりその反りのチカラを減らす目的です。

IMG_0652

 

作った東濃桧無垢の木箱は、蓋を開けるととても良い檜の香りがします。

 

木箱の用途は様々ですが、こんな桧の木箱は中に何を入れても良さそうですね。

IMG_0655

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!