リスクアセスメント

社長の藤井です。

 

職場の安全、リスクを発見、認識し労働災害のない

 

安全な職場にする為に研修を実施しました。

 

岐阜県労働局課長、林業・木材製造労働災害防止協会

 

岐阜支部長と事務局長、安全管理士に講師をむかえました。

 

東濃桧品質管理センターの会員が受講生です。

 

テキストは木材業者用のものです。

 

 

昔、我社は大きな労働災害、そして怪我が相次ぎました。

 

そのため、警察や労働基準局の立入り検査があり、

 

会社のモチベーションが、下がってしまったことがありました。

 

 

先代社長の、安全作業を行うようにとの必死の呼びかけで、

 

ここしばらくは労災はありません。

 

労災0を心がけましょう。

東濃ひのき無垢階段

 

営業の中島です。

 

今回は桧のプレカット階段の露出タイプ(ストリップタイプ)の階段を制作しましたので、ご紹介いたします。

 

 

写真は階段の一番初めの1段目から5段目ぐらいまでのストリップ部分になります。

工務店様からの指示通りに踏板の巾をこちらでカットし、踏板の裏側にもNC加工機にてダボ穴を4か所開けています。

そうすることによって、施工現場での取り付けが容易になります。

 

 

キッチリ嵌るか、仮組みしました。

完成が楽しみです。私も早く建築現場で階段が納まった姿を見てみたいです。

 

桧建具

社長の藤井です。

 

桧の56㎜×56㎜を欠点除去して、良いところを長さカットします。

 

 

 

木口(こぐち)にダボ穴を空けて、つないでいきます。

 

 

高さ2,400㎜ 巾1,200㎜の大きな建具が出来上がりました。

 

重量は45㎏近くあります。ゴツくて良いですね。

 

 

表面を保護するため、塗装室でウレタンクリア塗装します。

 

 

塗装が乾いたら積み上げます。

 

 

最後に下に金具を止め、溝を掘ったら完成です。

 

 

10月には、取り付けられます。

桧テーブル

社長の藤井です。

 

会議室に桧製のテーブルを設置しました。

 

テーブル天板は、1本の桧丸太から取っていますので

 

目合わせ色もあっています。

 

 

パソコンを打ちながら、A4の紙に書物ができるように

 

巾1,200㎜と広くとってあります。長さも2,000㎜と大きめです。

 

足は、2階の会議室に担ぎ上げるために

 

3本足が2つついています。下からの写真です。

 

 

足は鬼目ナットで組立て式です。

 

4本足でテーブル天板に取り付けてしまうと、会議室へ搬入できませんので

 

足をとりはずしバラせるように造りました。

 

また、テーブルの妻側にも座れます。

 

 

表面仕上げは、塗膜硬度は2Hのウレタン塗装が施されています。

 

会議や打合せに使っています。

 

使いやすいですよ。

和歌山~奈良出張

社長の藤井です。

 

朝4時前に家を出て、和歌山へ向かいました。

 

ナビをみると330kmです。9時前に港に着きました。

 

前日から丸太が、見えるように並べてあります。

 

 

まわりを見回すと原木は少ないですね。

 

B/Lバルサムファーを、トレーラー1車分仕入ました。

 

仕入先様には無理を伝えて購入しました。

 

 

10年振りに奈良県桜井市の、桜井木材協同組合様に訪問しました。

 

わざわざ社長が出迎えてくれました。

 

 

前日が、市日にもかかわらず原木は少ない。

 

ここの社員である岡本さんに聞くと、日射しが強い季節は

 

当日にほとんど自社工場に引き取ってしまうそうです。

 

値段は、弱いそうです。

 

 

吉野の特徴「枝打ち」が、しっかりしてあります。

 

桧の無節柱がとれます。

 

 

皮がむけて、表面が割れそうです。

 

 

奈良から三重県にかけて、ナラ枯れ被害が目につきます。

 

写真では、分かりにくいですが、枯れて茶色のナラがいたる所で目に付きます。

 

東北出張

社長の藤井です。

 

先月末に東北へ出張しました。

 

中部空港を朝早い便で向かいました。

 

 

朝4時起きで、眠気が出る頃遠くに富士山が見えます。

 

 

山形空港でしょうか?東北です。

 

 

引渡しまじかの、本堂と庫裡と位碑堂を見せて頂きました。

 

本堂は総欅(ケヤキ)造りで40cm径ある丸柱です。

 

圧倒するような、太い材料が使用されています。

 

 

天井には、桂の木で龍の彫り物です。

 

 

10丈以上の大きさです。150坪もある本堂です。

 

門口は、11間20cm以上あります。

 

 

大工仕事は終了し、石工事を急ピッチでやっています。

 

お盆に完成引渡しでしょう。

 

高さもあり全てで、450坪以上の大きなお寺です。

 

 

宮大工さんの加工場では次の物件、神社の加工で始まっています。

 

欅(ケヤキ)の丸柱を使います。6mの長さで太さは30cmです。

 

 

桁は、12mの長さです。デカイ!

 

 

岩手県で完成した、お寺を見学させて頂きました。

 

ここも大きい建物です。外観は、青森ヒバです。

 

 

石ノ森の生家や記念館の、案内看板があちらこちらであります。

 

 

日下君の旧友の建設会社に伺い、それを最後に仙台空港から

 

名古屋へ飛びました。

 

 

日下君、山形から秋田、青森、岩手、宮城と運転お疲れ様でした。

木材塗装

社長の藤井です。

 

今年のはじめに塗装部屋をつくり、塗装のベテラン技術者の

 

Oさんに塗装をお願いしています。

 

 

子供のお食事のあと

 

 

そうめんを食べても

 

 

なんでも食べて大きくなります。

 

 

早目にさっと一拭きすると、シミにはなりません。

 

木の表面を保護するように、2Hの塗膜硬度で

 

ウレタン塗装を施した為、いつまでも美しく使えます。

火災警報器

社長の藤井です。

 

昨年末から地元の消防署から、工場内の消火設備について

 

指導が入り改善をしました。火災警報器の修復と、

 

可搬ポンプの設置に10㎥の防火水槽をつくりました。

 

 

火災警報器はリフォームの際、壊れてしまったので修理しました。

 

防火水槽も長細く造りました。

 

 

消火器は全て新品にしました。

 

先日火災ベルが、誤作動して止まらなくなりました。

 

慌てて加茂東消防署に止め方を、聞きたくて電話を入れたら

 

サイレンを鳴らし消防車がやってきました。

 

 

その40分後には川辺から、パトカーが到着しました。

 

皆様に迷惑をかけました。大事でなくてよかったですが「火の用心」ですね。

 

木材会社の火災は、全て無くなりますから!

8月のあいさつ

社長の藤井です。

 

いつまにか稲の穂が、出てきました。

 

 

近年は、ヘリコプターで農薬散布が行われています。

 

 

夏祭りが、開催される時期ですね。

 

 

暑い日が続き、各地で熱中症や、ゲリラ豪雨のニュースが伝えられます。

 

8月葉月、皆様のご活躍とご健康を祈ります。

カレンダー
2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!