トップページ  >  トーホーブログ  >  3月原木市

トーホーブログ

3月原木市

2018年3月6日

社長の藤井です。

 

3月はじめ桧・杉の大きな市がたちました。

 

この日は、桧の破風がとれる丸太・全体にアテや節の無い

 

大きく曲がったものが適しています。

 

 

いつもは、前日に下見をするのですが、今回は少し早目に来て下見をします。

 

 

珍しく樅(もみ)の大径木が、出品されています。

 

この20年で太い樅は、切りっくし少なくなりました。

 

 

開市前売り方が集まってきます。

 

この日は2月より客(売り方)が多いようですね。

 

 

市がはじまると、太い桧の値がいまひとつ伸びません。

 

杉も太い60cmくらいの径の良材でも、残すものもあります。

 

気温が20℃を超えると桧の原木は、割れ変色など劣化が激しくなります。

 

製材工場は暖かくなる頃には、仕入れを減らし原木在庫を減らします。

 

仕入調節をするのにはまだひと月早いので、市況が悪いのでしょうね。

 

 

市が終わり、競り子から電話が入り売り込みです。

 

真剣に売る姿勢に感心しますが、不要な売れ残りは「ゴメンナサイ」。

カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!