会社沿革

平成25年、創業90周年を迎えました。

会社沿革

昔の深川の木場風景

弊社創業期の深川木場での木材運搬風景

大正12年、岐阜県白川町出身の藤井勳が東京神田で木材販売「藤井勳商店」を創業し、昭和27年に東邦木材株式会社に社名変更しました。
その後、岐阜営業所を株式会社トーホーとして分離し、現在に至ります。

沿革 時代背景
大正12年年 東京都神田富山町6番地にて「藤井勳商店」を創業 関東大震災
大正15年 東京都深川入船町3番地に転居
昭和9年 東京都深川木場4丁目10番に貯木場と事務所開設 世界恐慌
昭和16年 東京都深川木場3丁目に製材工場を新設 社員45名
関連木工会社 「つばめ木工」を深川に設立  社員30名
第二次大戦
昭和20年 空襲にて事務所、工場ともに全焼
岐阜県加茂郡白川町黒川へ疎開
東京大空襲
終戦
昭和27年 「藤井勲商店」を社名変更し東邦木材株式会社を設立
本 社 :岐阜県加茂郡白川町黒川1822
東京営業所:東京都江東区深川木場4-26

↑昭和27年当時の社員写真  ↑当時の事務所写真

昭和38年 埼玉県に松伏工場を新設
昭和43年

↑水害当時の写真
岐阜大水害(8.17豪雨)で2ヶ月以上操業停止となる

昭和44年 創業社長藤井勳死去
2代目社長藤井豊就任
東京営業所を本社とし、岐阜本社を営業所に変更
本社 :東京都江東区木場
営業所:岐阜県加茂郡白川町黒川1822
オイルショック
昭和57年 岐阜営業所を株式会社トーホーとして分離して設立 代表 藤井 健全(3代目)
埼玉県松伏工場閉鎖
バブル経済
平成9年 木くず焚きボイラー更新、人口乾燥(KD)設備強化 住宅着工160万戸
平成12年 地元建築業者への営業展開
平成13年 藤井実社長就任(4代目)
社寺建築材の納材開始 岐阜県集成材組合脱会
平成15年 人材育成のため外部教育機関によるOff-JT の活用を始める
飯田工業製4面プレナー新設
平成16年 名古屋営業所開設 所長藤井芳宏
北米材、スプルス、米ヒバ、米樅等輸入木材の販売開始
平成17年 構造材の需要に対応し、6m材用乾燥室増設
平成18年 マス生産の増産により加工機新設
平成20年 中国人実習生受け入れ開始(3名) リーマンショック
平成21年 住宅着工82万戸
平成22年 ドイツ製カットソー新設 1ドル=80円
平成24年 設備投資3ヶ年計画を開始
(NC加工機、ワイドサンダー、ます加工機などを増強)
平成25年 創業90周年
平成26年 ソーラー発電の導入
社屋屋根修理
従業員休憩室の改修
消費税8%増税
平成27年 ギャングリッパー(小割機)導入
平成28年 ホットプレス機、回転横接ぎ機導入
照明をLEDに交換(84個)
配送体制の強化(2tトラック増車)
環境に配慮し営業車をハイブリッド車へ

 

トーホーメールマガジン登録

トーホーのメールマガジンを毎月お届けいたします!